GENESIS(ジェネシス)の黒田真司(くろだしんじ)が何者なのか徹底調査!

この記事を見る前にGENESIS(ジェネシス)がどんなビジネスか知らないという方はGENESIS(ジェネシス)について詳しくまとめた記事をこのサイトのトップページにて公開しています。

トップページを見たい方は下記のリンクからどうぞ!

GENESIS(ジェネシス)
まとめ記事
←こちらをご参照ください。

 

GENESIS(ジェネシス)は「データアナリストによる理数モデルを採用したモバイルアプリ」を使用して稼ぐことをアピールしている副業です。

この副業ノウハウは、AIによるアシストによって完全自動化されたモバイルアプリを使用しており、作業がたった3分で終わるという内容になっていました。

この素晴らしいノウハウを開発したのは一体どんな人物なのでしょうか?

またデータアナリストとはどういった職業なのでしょうか?

この記事ではGENESIS(ジェネシス)のノウハウ開発者とデータアナリストについて調査しました。

GENESIS(ジェネシス)のノウハウ開発者は誰?

GENESIS(ジェネシス)はノウハウ開発者を公開していない副業です。

誰が開発したか分からない副業を始めるのはやはり怖いですよね。

しかし、GENESIS(ジェネシス)のノウハウを開発したと思われる人物が見つかっているんです。

それが販売責任者の黒田真司(くろだしんじ)という人物です。

この人物のプロフィールを確認すると

氏名 黒田真司
年齢 38歳
職業 データアナリスト
最終学歴 東京大学経済学部卒業

職業にデータアナリストと記載されていました。

GENESIS(ジェネシス)はデータアナリストが関わっている副業ノウハウであり、データアナリスト自体が非常に珍しい職業であるため、GENESIS(ジェネシス)を開発したのは、唯一実名で関わっている黒田真司(くろだしんじ)さんなのではないかと言われています。

副業業界ではノウハウ開発者が販売責任者などの責任のある立場に据えられることが多いので、黒田真司(くろだしんじ)さんがノウハウ開発者なのはほぼ確定と言っても良いと思います。

データアナリストはどんな仕事?

ここからはデータアナリストという仕事の内容についてお話ししたいと思います。

データアナリストとは、文字通り「データの分析」を専門とする職業です。

データアナリストの業務内容は「コンサル型」と「エンジニア型」に分類できます。

コンサル型データアナリストの業務は、データ解析をもとに具体的な解決策を提案するのが仕事です。そのためコンサル型データアナリストは、主にマーケティング会社や経営コンサルタント会社などに所属しています。

それに対して、エンジニア型データアナリストの業務は、機械学習やデータマイニングといった手法を用いて、顧客の行動パターンを分析し、商品やサービスの開発・改善に活用できるデータを提供するのが仕事です。

この内容から分かるように、膨大なデータを解析することでビジネスに利用する仕事だと言うことが分かります。

GENESIS(ジェネシス)ではデータ分析の専門家による解析結果を利用したノウハウが搭載されていることから、素晴らしい内容の副業ノウハウとなっているようでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です